• Home
  • 駒場生向け進学情報
  • 駒場生対象の講義・演習

駒場生対象の講義・演習

今年も教養学部生対象の開講科目がもりだくさん。
セイミツを、体験しよう!

初年次ゼミ(2018年度/Sセメスター)

社会のためのロボティクス(金曜4限)

医療・福祉・生産から極限環境調査や震災対応まで、さまざまな現場でロボット技術が活用されています。第一線で活躍中のロボット研究のトップランナーたちが、社会とロボットのかかわり、社会のためのロボティクス技術を紹介します。

体験的ものづくり学―3Dプリンタによるコマづくり(火曜4限)

3Dプリンタはものづくりを身近にし、家庭でも簡単に複雑な形状を作ることができるようになりました。この講義では、実際に3Dプリンタを動かし体験します。また、グループに分けて、自由な発想でコマの設計を行い、3Dプリンタにより作製し、コマの性能を競います。設計、製作、評価から構成される一連のものづくりの流れを学びます。

全学体験ゼミナール(2018年度/Sセメスター)

エバネッセント光を可視化する―ナノ加工とナノ計測集中講義(集中講義)

物質にまとわりつくように局在しているため、その実態を直接は観察困難なエバネッセント光の可視化を試みます。その過程を通して、ナノ加工とナノ計測の基本を学びます。

3次元スキャナ・プリンタを使ったデジタルものづくり体験(集中講義)

物体の形状をスキャンする装置を用いて、3次元形状をコンピュータに取り込み、そのデータ処理について実習します。また、処理したデータを3Dプリンタで出力し、オリジナルの物体との比較をし、再現性の確認を行います。

精密工学メカトロニクス入門(集中講義)

精密工学やロボティクスの基盤技術であるメカトロニクス(機械の電子制御・設計に関する学融合分野)の基礎を、講義と実習を交えた体験型講義形式で学びます。